話題のNMNビジネスとは?

【ゴルフ上達法】ドライバーで飛距離が50ヤードUP?たった2つポイントとは!

ゴルフ
この記事は約5分で読めます。

ドライバーの飛距離が200ヤード弱程度だった私が、ある時を境に250ヤード以上飛ぶようになりました。飛距離に悩んでる方の役に立つと思うのでその時の話をします。

私のドライバーが飛ぶようになったのは、シングルプレーヤーからのアドバイスがきっかけでした。

そのシングルプレーヤーのアドバイスは

・完全に腰を切る(下半身主導)

・クラブを左手で振る(左腕主導)

の2つだけでした。

ポイント1:完全に腰を切る(下半身主導)

私がシングルプレーヤーから習った1つ目のポイントは完全に腰を切ることでした。いわゆる下半身主導です。

最初、私はこの「完全に腰を切る」ということを勘違いしていました。全力で腰を回すことだと思っていたのです。その結果、ひどいスライスと腰痛に悩まされました。

その後、試行錯誤してゆったりとこれ以上回らないところまで腰を回す。ことで、腰痛にもならず球筋が安定し、飛距離も伸びるようになりました。

念のためシングルプレーヤーに自分の動きを確認してもらい、腰が切れている状態だとお墨付きをもらいました。

スイングのイメージはイ・ボミ選手のような感じです。私のスイングはイ・ボミ選手のものには程遠いですがあくまで理想イメージです。

【ゴルフスイング】初心者必見! イ・ボミ編

スポンサーリンク




 

腰を切るときは迷わず切る

腰を切る(引く)ときは、完全に回しきることが重要です。クラブの方向やフェースの向きを気にして中途半端に腰を切るとバランスを崩します。結果として、フィニッシュが取れない。ダフリやシャンクが出る。などのミスを誘発します。

完全に腰を切ってスイングすることで、下半身と上半身の捻転差が生まれて上半身がスクエアなままインパクトし、そのまま安定してフィニッシュまで持っていくことができます。結果としてインパクトゾーンが長くなり球筋が安定し、飛距離と方向性が良くなります。

アプローチ以外で、飛距離の調整をしたい場合も完全に腰を切ることは変わりません。飛距離の調整をするときはクラブの振り幅で調整します。振り幅を小さくしても腰は全力で切ります。

ポイント2:クラブを左手で振る

2つ目のポイントはクラブを左手で振るです。教えてくれたシングルプレーヤーいわく「ゴルフで必要なのは左手だけ」とのことでした。※右利きの場合です。

なんでも、右手(利き腕)は左手より器用なのでスイングでは力みやプレッシャーの影響をモロに受けて邪魔な動きをしてしまうそうなのです。これは私も実感があり、実際左手で振るを意識してからミスが大幅に減りました。

左右のクラブを握る力の割合は「左10:右0」が理想形ですが、実際には無理なので左手で握った余りを右手で握るイメージです。実際に左手一本でクラブを握るとわかりますが、ゴルフクラブは意外と重いのでスイングするのは無理です。

注意点としては、左10で握るといっても、ガチガチに力んで握るというわけではありません。スイングに必要な力のうち100パーセントを左手で握って、残りの余りを右手で握るというイメージです。

意図的にボールを曲げるときは右手を使う

私は実践できていませんが、上級者は右手を使って意図的にボールを曲げているようです。シングルプレーヤーが解説していたので載せておきます。

「右手は起用で力もあるのでクラブを操作しやすいです。初心者にはこの動きが余計でミスショットにつながりますが、上級者(=私)は右手でクラブを操作し球筋を操ることができます。スタイミー(障害物が邪魔でグリーンをん狙えないとき)で役立つから練習しておくといいですよ。」

私はまだまだ右手を使おうとするとミスを連発するので使う機会はなさそうです。

ポイントを意識したスイング手順

2つのポイントを意識したスイングの手順はこんな感じです。※は注意点

・アドレス:左手でクラブを握る。

・テイクバック:左手でクラブを押して始動。※左肘はまっすぐ

・トップ:左手首を折らないようにする。

・ダウンスイング:左腰を切る。※怖がらずに全力で

・インパクト~フォロー:左手でクラブを振る。※クラブの重さに合わせて自然に振る。変に力まない。

・フィニッシュ:全力で腰を回しきり止まったら3秒停止

「フィニッシュで3秒停止」は初めて出たワードですが、腰の回転が足りなかったり、力んでいるとフィニッシュが取れないので普段のスイングから意識することをお勧めします。

フィニッシュが取れるとそれだけでスイングがカッコよくなり上級者っぽく見える効果もありますので、取り組む価値はあります。

まとめ

色々と書きましたが、一番重要なことは全力で腰を切ることです。※左手で振るは「意識しなくなるまでくせず消しなさい。」とありがたい言葉をいただきました。

手を振りすぎるとスライスや引っかけが出てしまいますので力まないことも大切です。全力で腰を切ることで、全自動でキレイなスイングになり、飛距離が伸び球筋が安定します。

私の場合は200ヤード行かなかったのが250ヤードをコンスタントに超えるようになりました。もともとがショボかったのもありますが効果は絶大です。

自分自身に言い聞かせていますが、怖がって中途半端に腰を切ってはダメです。常に全力で腰を切りましょう。

私は、ゴルフの練習が好きなので試行錯誤は苦にならないタイプです。時間が経つとポイントを忘れてしまうので備忘録的に記事を書いています。

他の記事も良かったらどうぞ

【ゴルフ上達法】クラブの握り方を間違うと全部台無し?正しい握り方の習得方法
クラブの握り方に自信が持てていますか? 「ショットが安定しない」 「変なところにマメができる」 「トップで左手が甲側に折れる」 あなたがこんな悩みを抱えていたら、それは間違った握り方のせいかもしれません。 そし...

【準備中】シャンクしか打たないラウンドがある?というほど頑固なシャンクを治した方法

スポンサーリンク