話題のNMNビジネスとは?

【おすすめ】桑田泉プロのDVD「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」について

この記事は約7分で読めます。

gahag-0062560096-1

ゴルフライフ楽しんでいますか?

 

世の中には多くのゴルフ理論が存在していて、いろいろと試していることでしょう。

 

あなたのお悩みは何ですか?

 

・30ヤードぐらいをどうやって打ったらいいかわからない
・グリーン周りでトップやざっくり
・ロングパットが寄らない
・そもそもショートゲームが苦手

 

などなど、残り30ヤードで叩いてしまう。いつまでたっても100を切れそうで切れない

 

1つでも当てはまるものがありませんか?

 

そんなあなたに今回は「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」をご案内します。

 

 

スポンサーリンク




桑田泉プロとは

 

ゴルフレッスンプロの桑田泉さんをご存知でしょうか?

 

桑田プロは優れたレッスンプロであるという証明の「PGAティーチングプロアワード」を受賞されています。

 

この「PGAティーチングプロアワード」という賞は、日本プロゴルフ協会(PGA)が優れたティーチングプロに送る表彰のことです。

 

2008年から始まったこの制度の最優秀賞は2010年まで受賞者がいませんでした。

 

2010年に、制度開始後初めて「PGAティーチングプロアワード最優秀賞」を受賞したのが

 

桑田泉プロなんです。

 

この経歴だけを見ても桑田プロが優れたレッスンプロであると想像できます。

※桑田泉プロは、元プロ野球選手の桑田真澄さんの弟で、テレビでも活躍するマットさんの叔父さんでもあります。

クォーター理論とは

では、桑田プロが提唱している「クォーター理論」とはどんなものなのでしょう?

 

ゴルフしていると経験者のアドバイスやら、雑誌やらからこんな言葉を見たり聞いたりしていませんか

・ボールをよく見なさい

・クリーンに打ちなさい
・ボディターンで打ちなさい

 

といったアドバイスは数えきれないほど言われてきたと思います。

 

テレビで活躍しているプロの映像や、雑誌の連続写真でもボールをクリーンにヒットし、ボディターンで力強くスイングしています。
ただ、いくらプロのスイングをまねようとしてもうまくいきません。私の場合ですが(笑)、

 

「素人には素人なりの上達方法があるのではないか」

 

と考えるようになりました。

 

そんな時に桑田プロのクォーター理論に出会いました。

 

「プロは幼少期から練習し続けて身体と技術をを造ってきた。大人になってからゴルフを始めた人がマネをしてもうまくいくはずがない。」

 

「アマチュアにはアマチュアの上達方法がある。それがクォーター理論!!」

 

的なことを発言していて、この言葉は私のこころに刺さりました!!

 

・ボールを見るな
・ダフれ
・手打ちしろ

 

とんでもないアドバイスにホントにうまくなるのか??と思いましたが、試してみるとなぜかうまくいくのです。

 

さらに、今までの常識にないぶっ飛んだ発言のあとに説明される理由がいちいちすばらしく、
最終的には納得させられました。

「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」の対象者

このDVDはクォーター理論を学ぶ人が最初に見るべき内容になっています。

桑田プロは「アマチュアにはアマチュアの上達方法がある。それがクォーター理論!!」と言っています。

この言葉から分かるようにクォーター理論は上級者やトップアマを対象としたゴルフ理論ではありません(実際には上級者プロコースもあります。)

 

「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」ではグリップの握り方立ち方(アドレス)から丁寧に教えています。

 

ですので初心者から、ゴルフをやり直したい方まで、初級~中級レベルの幅広い方が対象になります。

 

ちなみに大手通販サイトのamazonと楽天ブックスでも評価が高いので安心して購入できると思います。

amazonのレビュー評価:4.3/5

楽天ブックスのレビュー評価:4.5/5

スポンサーリンク




「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」の収録内容

「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」はショートゲーム(パター、アプローチ)を収録しています。

クォーター理論では、初心者も上級者も最初はパターから始めます。
理由は2つあります。


・小さな動きから習得するため
・ショートゲームはスコアの60%を占めるため

・小さな動きから習得するため
桑田プロは、パター~フルショットまで全てつながっている。と言っています。

パターの小さい動きですら正しくできない人が、フルスイングを正しくできるはずがありません。

小さいものから順序良くが合言葉です。

・ショートゲームはスコアの60%を占めるため
ゴルフのスコアの60%をショートゲーム(パットとアプローチ)が占めるといわれています。

パット:40%
アプローチ:20%
ショット:40%

さらに先ほどの話から、ショートゲームの動作がショットに影響を与える。という観点から、

まずはパターとアプローチを習得すべきというのがクォーター理論の考えです。

「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」の収録内容は以下のとおりです。

・正しい構えを造る「GAP3」
・パターの正しい振り幅

・パターのグリップの強さ

・プレッシャーに打ち勝つショートパットの練習法
・ピタリと距離を合わせるロングパットの考え方
・距離感を養うロングパットの練習法
・グリーン周りで強力な武器になるパットアプローチ

・アプローチの振り幅とキャリーの関係

・傾斜を攻略するアプローチ

このDVDを見て練習をすることで

・パット数が減る。
・ロングパットが2打で上がれるようになる

・アプローチのキャリーとランの比率がわかる
・アプローチ打ち分けができる

・傾斜に影響されないアプローチができる

ことが期待できます。

もちろん練習しなければこれらの技術は習得できませんが、やることと効果が明確なので楽しく着実に練習できます。

感想(実際のところどうなの?)

もともとへたくそゴルファーだった私(今も上級者になったわけではありませんが)ですが、このDVDと2番目のDVDを見ながら練習したら、安定して100を切れるようになりました。

一番変わったところは「残り何ヤードだからこのアプローチ」「この傾斜のときはこの打ち方」など、状況別にやることがはっきりしたところです。

 

自分なりに状況を分析し、思った通りにプレイできることは、ゴルフをとても楽しくします。

 

クォーター理論では「90を切って初めてゴルフ」と言っています。そこに向けて一歩一歩上達していることを実感します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「桑田 泉のクォーター理論でゴルフが変わる VOL.1 」をご紹介しました。

 

このDVDでショートゲームが劇的に上達します。

 

パット数が多い
アプローチがうまくいかない

 

などの悩みがある方はDVDを見て練習してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク




コメント